メディア露出の成功事例

メディア露出の成功事例 広報PRで「採用問題」を解決

ユニークな社内イベントを企画し採用人数が3倍に

更新日:

1台50万円のサーバーを惜しみなく投げます。
うりゃああああああ!とりゃあああああ!

世の中は完全なる売り手市場。

求人サイトで募集を続けていても一向に採用に至らず、人手不足をなかなか解消できない企業も多いのではないでしょうか。

そんな中、「広報PR活動」に力を入れ、採用数が5人から15人。
3倍まで増やすことに成功した会社があります。

 エンジニアの教育・派遣を行っている、株式会社スピードリンクジャパン。

当時、求人サイトにいくら予算をつぎ込んでも結果が得られず、どうしたものかと頭を痛めていたのだそうです。

その頃、「ネタもと」の利用を開始。年間150講座ほど開講されている利用者限定の勉強会」に積極的に参加。その中で「ネタの作り方」を学びました。

その知識をもとに早速、『エンジニアのための運動会』を企画。
処分対象となった1台50万円のサーバーを誰が一番遠くまで投げられるか。



こんなユニークな競技を考案し、メディアへ情報発信したところ、Yahoo!ニュースなど多数のメディアが取り上げてくれ露出に成功。

さらに、2014年、2015年、2016年、2017年と4年連続で掲載を獲得し、悩みの種だった「採用問題」は、メディアに露出されたことで解決。

その効果は、採用人数が大幅に増えただけでなく、これまで莫大な費用がかかっていた「採用費」も大幅に削減。ユニークな運動会により社内のコミュニケーションも高まり、一石三鳥の成果が得られたといいます。

このように、広報PR活動は「採用問題の解決」にも大きな力を発揮します。

現在、採用の悩みを抱えている人事担当者の方は、その解決策として「広報PR活動」という手段を活用してみるのもよさそうですね。

関連

マッチングサイト「ネタもと」や「利用者限定の勉強会」について詳しく知りたい方は、「テレビ電話による無料相談」をご利用いただけます。その際により詳しい情報をご提供させていただきます。


資料請求・テレビ電話での無料相談はこちら

-メディア露出の成功事例, 広報PRで「採用問題」を解決

Copyright© 広報PRのチカラ , 2019 All Rights Reserved.