メディア露出の成功事例

メディア露出の成功事例 広報PRで「採用問題」を解決

人材確保に成功した企業の事例に学ぶ

更新日:

人材確保ができている企業に共通する取り組みとは

人手不足の問題が深刻化する中、人材確保ができず、頭を悩ませている企業は多い。
その一方で、人材確保に見事成功し、業績を伸ばしている事例もある。

人材確保に成功した企業は、どのような取り組みを行っているのだろうか。
当社の支援企業で「人材確保に成功」している事例を見ると、いくつか共通点があるようだ。

人材確保のために中小企業が行うべき5ステップ

まずは、中小企業庁が無料で配布している「人材確保支援ツール」から、中小企業が人材を確保するために行うべき5つのステップを見てみよう。

STEP1:戦略の優先付け(ビジョン・ミッション・経営課題の確認)
STEP2:戦術・業務の見直し(社内要素の分析・課題解決策の確認)
STEP3:求人像・条件の明確化(求人条件・採用・育成方針の明確化)
STEP4:求人・採用・発見・育成(人材に関わる取組みの実施)
STEP5:採用後のフォロー・育成後のフォロー(職場環境の見直し・定着・育成)

人材確保には、「経営課題」「職場環境」の見直しを含めた、総合的な取り組みが重要という考えから、5つのステップによる人材確保を推奨している。

獲得後の定着・育成などを省くと、人材確保のステップは、

①自社の「ビジョン」や「ミッション」を再確認し、
②それに適した「求める人材像」を明確化する
③最後に、どのような「手段」で獲得するかを検討し実施する


となる。

人材確保に成功した企業が取り組んだこととは 

当社が支援している企業で「人材確保」や「認知拡大」で成功している事例では、どのような取り組みがなされているのかも紹介したい。

実は、当社サービスの利用企業は、中小企業が7割だ。
その理由は、広報PRの予算や広報専任者を確保できない中小企業でも、低予算で、手軽に広報PR活動を始められる点にある。

最大の特徴は、メディア側から届く「取材リクエスト機能」で、すでに番組化、記事化が決まっている「ネタ」が、報道関係者から届くため、エントリーすることで、知名度のない中小企業や新商品が頻繁にでない企業でも、メディアに露出できる可能性が、格段にあがる仕組みとなっている。

それにより、メディア露出を獲得し、人材確保に成功した事例も少なくない。

人材確保に成功した企業が行ったことを要約すると、以下のような内容になる。

①社長の想い、そこで働く社員の魅力など、自社の「魅力」を掘り起こし
②掘り起こした自社の魅力に共感してくれる人物の具体化
③求める人材に適した媒体を通じて、自社の魅力を世に伝える

このような活動がなされている。

とくに、一般的な人材獲得と異なる点は、「訴求内容」と「獲得するための媒体」選びにある。

訴求内容は、働く条件や業務内容、求める人材像などではなく、会社のミッションやビジョン。社長の想いや、そこで働く人たちの魅力である。

人材を獲得するための媒体ツールは「求人サイト」や「求人広告」ではなく、「メディア」という信憑性の高い媒体を介したアピールを行っている点だ。

当社の「取材リクエスト」内容は、毎月約60件届くうちの半数が、会社、社長、社員、制度などに対する取材依頼である。

求人広告では伝えられない「自社の魅力」をメディアを通じて伝えることで、より自社に適した人材確保も可能となる。

「求人サイトでは、人材確保がてきていない」という企業であれば、広報PR活動による「自社のファンづくり」という、新たな採用手法を試してみる価値はありそうだ。

メディア露出で、採用人員が3倍に増えた事例はこちら

4月末まで、初期費用が「無料」になるキャンペーン中。

「ネタもと」について今すぐ資料請求する

-メディア露出の成功事例, 広報PRで「採用問題」を解決

Copyright© 広報PRのチカラ , 2019 All Rights Reserved.