ネタもとサービスを「漫画」でわかりやすく紹介

ローカルメディアへの情報提供、全て同じ内容になっていませんか?

ローカルメディアへの情報提供、全て同じ内容になっていませんか?

こんにちは、株式会社ネタもと メディアリレーションズ部です。

以前の本ブログで、ローカルメディアへのアプローチが実は重要であるというお話をさせていただきましたが、

実は重要!いますぐ始めたいローカルメディアへのアプローチ

本日はもうひとつ、ローカルメディア攻略のコツをお伝えしたいと思います!

ローカルメディアは、その地域に密着した報道を行うこと、地域に愛とリスペクトをもって運営されていることは、前回のブログでお伝えした通りです。

それらと紐づく話なのですが、本日お知らせしたいポイントは

だからこそ、なぜその地で事業展開しているかの理由を明確に語ろう

~どのローカルメディアにも同じ情報を発信するのはもったいない!~

という点です。

ネタもとでは様々な地域のローカルメディアから、「○○地方で事業展開している企業を探しています」といった内容のリサーチ依頼をいただきます。

<ネタもとリサーチとは>
ネタもとサイトが提供するサービスのひとつ。ネタもとに登録しているメディア関係者から寄せられる「いま欲しいネタ」のリサーチ依頼に自社情報をエントリーし、マッチングを実現します。マッチングが成立するとメディアから連絡があり、多くの場合が取材や掲載につながります。メディアがいまどんな情報を求めているのかを知ることができ、またエントリーに対するレビューを今後の広報活動の参考にしていただけます。

特に複数の地域で事業展開されている企業様にあるあるなのですが、どの地域からのリサーチ依頼にも、同じ内容のテンプレート情報をエントリーしてしまうことが多くみられます。

しかしローカルメディアにおいて、「なぜその地域で事業や取組みを展開しているのか」といった地域性は、非常に重要なポイントとなります。

例えば、大阪と札幌に店舗を構えていた場合、両店舗での売れ筋や顧客傾向、商品のニーズ、販売戦略が全く同じであることは、まず無いのではないでしょうか。

どの地域にも使えるテンプレ情報にしてしまうと、踏み込みの浅い、ありきたりな情報になってしまいます。そしてその浅さは、各地域に精通するローカルメディアにはすぐ見透かされてしまい、残念ながら扱ってもらえないことがほとんどです。

ここで、ローカルメディアからのリサーチで成功をおさめられている企業様の事例をご紹介します。

全国規模で観光事業を展開されているA社様は、とても高い確率で各地ローカルメディアからのリサーチにマッチングしています。

A社様のエントリーの特徴は、必ず毎回、地域ごとにフォーカスした内容にアレンジしていることです。その地域で自社が事業展開している理由や背景、その地域ならではの特性や課題、それらに対し自社がどのように取り組んでいるかを明記されています。

そのため、各地域に根差した報道を行うローカルメディアにとって、とても価値の高い情報になっているのです。

そして前回のブログ内容にも書いた通り、ほとんどのローカルメディアはWeb版も運営しているため、地域のみに留まらず全国の人に記事が届くのです。

この成功ノウハウ、ぜひ多くの企業様に活かしていただきたいです!

地域ごとに情報を出し分けるなんて労力がかかる、とお考えの方もいるかもしれませんが、あえて申し上げると、広報とは細やかな労力をかけてこそ成果が実るものと言えます。そのひと手間をかける・かけないが、貴社の広報活動の成否を分けているかもしれません。

この事例がご参考になれば幸いです。どうぞ皆様の広報活動に、素晴らしい成果がありますように!

広報お役立ちブログカテゴリの最新記事