ネタもとサービスを「漫画」でわかりやすく紹介

【特別対談】「PR戦略ウェビナー」

【特別対談】「PR戦略ウェビナー」

採用&PRの専門家が “新手法” を大公開!
社員が辞めなくなる
「ファンづくり経営」とは

 

5/15ライブ開催時には、200社・200名以上の方(そのうちの7割が経営者)にご参加いただき、大変好評だった本ウェビナー。ご要望にお応えし、録画配信が決定いたしました。

少子高齢化や人口減少が進む中、多くの企業において人手不足感が強まっているのではないでしょうか。今後、労働力不足が企業の成長の妨げにならないよう、人材確保はますます重要な課題になってきます。

しかし、いくら莫大なコストをかけ採用に力を注ぎ優秀な人材を採用できたとしても、すぐに離職してしまい定着しないのであれば、永遠に経費を無駄にし続けることになってしまいます。

そこで今回は、採用の課題はもちろん、採用した人材をどうすれば定着させることができるのか――。
「ファンづくり経営」という新たな考え方を、採用&PRの専門家ふたりが事例をもとに紹介します。

第1部では、PR支援会社である弊社本村代表より「経営戦略としてのファンづくり」や「インナーブランディングで定着率100%を実現した事例」などをご紹介。

採用の専門家として第2部にご登壇いただくのは、株式会社Legaseed 代表取締役CEO 近藤 悦康 氏。

・創業5年目、当時社員30名で1.7万人の学生を集めた秘密
・中小企業でも優秀人材が集まる採用戦略の共通項
・学生から「選ばれる」会社のインターンシップ
・事例から学ぶ!中小企業の成功事例徹底解説

などを解説いただきます。

本ウェビナーを視聴することで「社内外のブランディング」に取り組むことで離職率を低下させることができることが理解でき、『社員をファンにする』という新たな手法を知ることができます。

社員が「辞めたくない」と思うような「ファンづくり経営」とはどのような考え方なのか知りたい経営者様、離職率を下げたい経営者様は、ぜひこの機会にそのノウハウを手に入れてみてください。

オンラインでの無料開催ですので、全国どこからでもご視聴いただけます。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

開催要項

日程:2024年7月18日(木)16:00‐17:30
対象:経営者・決裁者・担当者

<登壇者>
株式会社Legaseed
代表取締役CEO 近藤 悦康 氏

株式会社ネタもと
代表取締役社長 本村 衆

<ウェビナー内容>
【第1部】:ネタもと 本村代表[40分]
・PRの本質は「メディア掲載獲得」ではなく「経営戦略としてのファンづくり」
・企業のブランド力強化のための情報発信における「ネタ」の作り方
・ファンづくりの中でも最重要視すべきは「インナーブランディング」
・インナーブランディングで定着率100%実現した成功事例

【第2部】:Legaseed 近藤代表[40分]
・創業5年目、当時社員30名で1.7万人の学生を集めた秘密
・学生から「選ばれる」会社の共通項とは?
・中小企業でも優秀人材が集まる新卒採用の鉄則
・新卒採用を通して強い組織をつくる秘訣
・事例から学ぶ!中小企業の成功事例徹底解説

形式:Zoomによる録画配信(オンライン開催)
料金:参加無料
特典:1.ウェビナー投影資料 2.PR無料診断(ネタもと)

視聴:本ウェビナーへの参加は、事前のお申し込みが必要です。
   お申込者様には開催前日にメールで「セミナー参加URL」をお送りします。

本セミナーは、無料でご提供させていただいているためアンケートにご回答いただける方が参加対象となります。 ご了承ください※1分程度の簡単な内容です

参加者の声

「自社社員に会社のファンになってもらう事の大切さを再認識しました」

「メディアにファンになってもらうということもですが、社員にファンになってもらうインナーブランディングが大切だということにとても共感しました」

「インナーブランディングを行うにあたって重要なポイントを、PRと採用の二つの視点から説明して頂いたことにより、思考が立体的になりました。点ではなく線で見ること、採用からPRまで全て繋がっていることを理解しました」

「福利厚生も当たり前に必要ですがそれだけでなくまずは興味を持ってもらえる仕組みを生み出すこと・入社後の未来を描いてもらえるような会社のブランディングもすっかりしなければいけないということを再認識しました」

「社内のファンづくりの重要性の理解が深まりました。特に自社の社員に自社の強みや優位性を理解させる、経営者の取組みが必要と感じました」

「入社式で社員の家族を呼ぶ、新入社員の初任給は多めに払い、親へのプレゼント代にあててもらうなど、インナーブランディングに力を入れている具体例を聞くことができ、貴重な時間でした。社内ファンを増やせるような取り組みを考えていきたいと思います」

「メディアへの発信=サービスや実績の発信、と捉えていたのでいろいろな切り口でネタを作れることがわかり勉強になりました」

登壇者プロフィール

株式会社Legaseed
代表取締役CEO 近藤 悦康 氏


1979年岡山県生まれ。
「はたらくを、しあわせに」を理念に、新卒採用を切り口に組織を変革する人事コンサルティング会社Legaseedを創業。年間20,000人を超える学生が応募する人気企業に。

「マイナビ・日経 2025 年卒大学生就職企業人気ランキング」ではコンサルティング・調査部門で2位を獲得。これまで500社以上の組織変革を行い、延べ10万人以上に研修やワークショップを実施してきた人事コンサルタント。 「クローズアップ現代」「ワールドビジネスサテライト」「会社の星」などの多くの番組にも出演している。

株式会社ネタもと
代表取締役社長 本村 衆


東京都出身。
青山学院大学に入学後、学生起業家として活躍。
実施イベントがTV、新聞、雑誌等多くのメディアに取り上げられる。

1981年セールスプロモーション会社を設立。
各種企業プロモーションの他、料理学校のネットワーク構築と商品化を実現。

2000年 株式会社リアライズ設立。代表取締役就任。
パブリックリレーションズとセールスプロモーションの視点で
「コミュニケーションプラットフォーム」を開発し、
企業のステークホルダー・マネジメントをサポート。


PR戦略セミナーカテゴリの最新記事